コラーゲンドリンクは医薬品ではなく清涼飲料水

コラーゲンドリンクは医薬品ではなく清涼飲料水

コラーゲンドリンクは、薬事法の絡みもあり、医薬品ではなく清涼飲料水という位置付けがなされています。
ために、摂取量が具体的に定められている訳ではなく、1本当たりに含まれる分量は、メーカーによって千差万別です。
中には、コラーゲンが1本につき10,000rも入っているというドリンクもありますが、分量が多ければ必ずしも良いという訳ではなく、おいしいかどうかとは、また別の話です。
また、体内への吸収効率を上げるべく、有効成分の低分子化が施された製品も多いのですが、コラーゲンは低分子化するほど独特の渋みや苦みが強くなる傾向があります。
それでも、効果の高い証拠と我慢して飲み続ける内に、おいしいと感じられるようになったという口コミもあり、要は慣れの問題なのかもしれません。

コラーゲンドリンクは医薬品ではなく清涼飲料水関連エントリー

おいしいコラーゲンドリンク