おいしいコラーゲンドリンク

おいしいコラーゲンドリンク

コラーゲンドリンクは、本当に人気があります。

今ではバリエーションも実に豊富になり、選び取るにも、あちこち目移りしてしまいそうです。

でも、どれも効果が似たようなものであれば、おいしい方が良いに決まっています。

 

コラーゲンドリンクは、1回につき何gとか何錠とか、面倒な計算が一切不要で、余計なことを考えずに、ドリンク1本丸ごと飲めば良いという、お手軽さが最大のメリットです。

1本30mlとか50mlの分量という製品が大半で、多くの場合、1人1日に1本飲めば、必要な量は確保できるという寸法です。

 

本来、コラーゲンは、粘り気の多い成分で、独特のニオイもあり、どうも苦手だという人も多いのも事実です。

多くの消費者に愛されるよう、ビタミンCなどの美肌成分も加えつつも、いかに、おいしいドリンクとして消費者に仕上げるか、各メーカーの腕の見せどころとなっています。

コラーゲンドリンクは医薬品ではなく清涼飲料水

コラーゲンドリンクは、薬事法の絡みもあり、医薬品ではなく清涼飲料水という位置付けがなされています。

ために、摂取量が具体的に定められている訳ではなく、1本当たりに含まれる分量は、メーカーによって千差万別です。

中には、コラーゲンが1本につき10,000rも入っているというドリンクもありますが、分量が多ければ必ずしも良いという訳ではなく、おいしいかどうかとは、また別の話です。

また、体内への吸収効率を上げるべく、有効成分の低分子化が施された製品も多いのですが、コラーゲンは低分子化するほど独特の渋みや苦みが強くなる傾向があります。

それでも、効果の高い証拠と我慢して飲み続ける内に、おいしいと感じられるようになったという口コミもあり、要は慣れの問題なのかもしれません。