飲むコラーゲンとは

飲むコラーゲンとは?

コラーゲンとは、身体を構成するたんぱく質の一種です。

お肌の成分としても重要な役割と果たしていることから、美容やスキンケアを気にする人にとっては摂取必須の成分と言えましょう。

 

もともとは化粧品の成分として、お肌につける製品などによくつかわれてきました。

それが、「飲むコラーゲン」「身体の内側からのスキンケア」として注目されるようになったのは、今から20年以上前。

筆者の記憶によれば、最初は輸入品で、ネオイミディーンという製品でした。

大きめの錠剤タイプで、味は…そんなにおいしくはありませんでした。

だから、水をコップで準備して、ゴックン、という感じでいただいていました。

 

「コラーゲン、中からとるのは、外から塗るのと違いがわかる?」

 

みたいな商品コピーだったと思いますが、愛用者の口コミや実感値はそれなりに高かったようです。

ドリンクタイプになった飲むコラーゲン

錠剤や粉末タイプの「飲むコラーゲン」につづいて登場したのが、ドリンクタイプの製品です。

ひょっとすると、それ以前から似た製品があったかもしれませんが、筆者の認識ではフルコラがその先鞭をつけた製品だと思います。

歴史、知名度などの実績も高く、販売数もガリバー級と考えてよいでしょう。

※コラーゲン10,000mgや美容成分たっぷりのコラーゲンドリンク「フラコラEX」はこちら→フラコラEX

また、今人気のフルコラのプラセンタ液ならこちら→プラセンタ液150000

 

フルコラの成功に引かれるようにして、各社からドリンクタイプが発売され、今では相当な種類が市場に出回っています。

かつてのアイドルをコマーシャルに起用してフイルムメーカーからコスメメーカーへと転身を図る富士フイルムのアスタリフトも「コラーゲン10000」という製品をリリース。

他にも、缶詰などで知られるニッスイが製品化した「海麗」。

ライオンのキュプリン、カロリー控えめな「ハピコラ10000」、「クレオパトラビューティ」などが有名なところです。

 

いずれもお試しセットや初回のみ限定キャンペーンなど、お試しがしやすい導入セットが用意されているので、いろいろと試してみてはいかがでしょう。