飲むコラーゲンの副作用

飲むコラーゲンの副作用って?

コラーゲンサプリメントは、特に肌の衰えが気になるユーザーには、特に好評です。

ドリンク剤は特に売れ行きが高いようですが、一方では、飲むコラーゲンの副作用を心配する向きもあります。

 

結論からいえば、飲むコラーゲンの副作用はありません。

そもそも、コラーゲンは多細胞生物には普通に含まれている成分です。

人間にも、コラーゲンは肌や骨に当たり前のように含まれています。日常的に食事を通して摂取しているものであり、今さら副作用も何もあったものではないのです。

副作用というわけではないけれど

飲むコラーゲンの副作用という訳ではありませんが、体質的に受け付けないというケースも、時として見受けられます。

極まれに、発疹などのアレルギー症状や過敏症に陥るケースもあります。

万が一、異常を感じたら、すぐさま摂取を中止して、医師の診察を仰ぐのが賢明でしょう。

 

コラーゲンの摂取量は、厳密に決まっている訳ではありませんが、多くの研究によって、1日につき5,000rから10,000rが目安とされています。

各メーカーとも1本当たりの含有量は、この目安に合致したものとなっています。

もっとも、コラーゲンドリンクを1人で一度に何本も暴飲するなどの無茶をすれば、吐き気や腹痛に見舞われることがあります。

これなどはしかし、「飲むコラーゲンの副作用」と呼べるものではないでしょう。

コラーゲンに対しては、他のサプリメントや医薬品との相互作用は報告されていません。

医師の診察を受ける際、飲むコラーゲンの副作用がどうしても心配だというのであれば、念のため、コラーゲンサプリメントを摂取していることを申告しておくのもよいかもしれません。